姉妹サイト:トマトサーチ2

ショートコードの管理ができるプラグインー「Shortcoder」

WordPressでサイトを作るなら、絶対持っていたいプラグインの一つが「Shortcoder」です。

このプラグインでできることは、アフィリエイトコードの管理よく使う文章を登録して、記事内で簡単に呼び出せる仕組みです。

Shortcoder
みんなの評価
 (5)
使いやすさ
 (4)
おすすめ度
 (3)

活用例

ショートコードとは、短縮コードのことで以下の様な文字列のことをさします。

[ sc name=”abc”][/sc]

このコードを使えば、ブログを書く時に、ちょっとした手間を省くことができます。

・よく使う定型文を登録

・多くの記事で同じ個所を変更する時に便利

・テーマ移行の際に便利

・広告用のコード登録

多くの人がブログを運営するとき、何らかのテーマを決めて記事を作成していると思いますが、そうすると毎回書き込む文章・画像などがあると思います。

よく使う文章画像は何度も入力しなくても、登録していればコードを呼び出して使うことができます。

そして、登録をしておくことで、文章の変更も簡単です。

「Shortcoder」の管理画面で、一括で変更することができます。

登録していない場合は、コピペで複数記事を編集しなければならないので、記事が増えるほど、「Shortcoder」の必要性が高くなります。

さらに、WordPressのテーマを移行する時にも便利です。

テーマによっては、オリジナルのショートコードが設けられていますが、テーマを変えるとそれが使えなくなるので、最初から「Shortcoder」を使っていれば、テーマを移行しても大きな問題は生じません。

広告用のコードを登録していれば、広告のリンクが切れた際もスムーズに一括変更ができ、活用方法は様々です。

テーマ移行する人におすすめ

テーマを移行してしまった人は「Shortcoder」だけでなく、「Search Regex」プラグインをダウンロードすれば、スムーズにアフィリエイトタグを変更することができます。

詳しく

ダウンロード

「Shortcoder」のインストール手順を解説します。

インストール手順

  

管理画面

 ↓

プラグイン

 ↓

新規追加

 ↓

検索BOX「Search Regex」

 ↓

今すぐインストール

 ↓

有効化

ショートコードの登録

まず、WordPressの管理画面にログインしてください。

[/」Shortcoder

  ↓

ショートコードを作成

  ↓

入力(3か所)

「ショートコードを作成」下を入力します。

こちらは、英数字を記載してください。

その下には、表示させたい内容を記載します。

Googleアドセンスのコードをコピペして貼り付けたり、A8広告のコードを貼ります。

他にも、複数ブロック画像文章も貼ることができます。

ブロックを貼る時は、コピペではなく、右クリックで「ブロックをコピー」でコピーして貼り付けてください。

そのまま貼ると、文章のみになり、デザインが反映されません。

記事内のプロックをコピーする際は、はcssでなければいけません。

「ショートコード設定」に、分かりやすいタイトルを付けます。

「公開」をクリックすれば完了です。

使い方

使い方は、記事ないで装飾のボタンから [/」Shortcoder をクリックして、登録していた文字を選択し「挿入」をクリックしてください。

以下の様なコードが表示されますが、プレビューでみると登録していた文章や画像が表示されます。

[ sc name=”abc”][/sc]

「Shortcode」に登録しておくと、後々編集したい時も楽にできるので、ブログを始める人には絶対おすすめできます!