姉妹サイト:トマトサーチ2

LuxeritasにASPの広告を貼る方法(リンク切れ防止)

ブログの収入を得るために、広告を貼ると思いますが、「気づかない間に広告のリンクが切れていた!」となっては、困りますね。

広告のリンク切れが起きないための対策と、広告の貼り方を解説していきます。

※ご説明するWordPressのテーマは、「Luxeritas(ルクセリタス)」です。

広告の種類

広告は大きく3種類に分けられます。

  • Googleアドセンス
  • Amazon・楽天市場の物販
  • ASPアフィリエイト

Googleアドセンス広告」は、記事内にhtmlタグを貼れば、自動で広告が表示されるので、リンク切れを起こすことはありません。

Amazon」や「楽天市場」などの商品を宣伝する場合は、売り切れなどで、リンクがなくなるケースがあります。

同じように「ASPのアフィリエイト」も、広告主が一時的な宣伝が終わると、広告リンクが消えてしまいます。

今回はこの「ASPアフィリエイト」の広告リンク切れ対策をご説明していきます。

ASPとは?

ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダの事です。

広告主の商品やサービスを、「アフィリエイト広告」として、配信するサービスプロバイダーのことです。

広告運営者とつながる、インターネット上の広告代理店といった感じです。

上でご紹介した全ての広告が、ASPとなりますが、今回は「物販アフィリエイト」と、「Googleアドセンス」は除外して解説していきます。

広告の種類

  1. A8.net(エーハチネット)
  2. ValueCommerce(バリューコマース)
  3. ACCESSTRADE(アクセストレード)
  4. Zucks Affiliate (ザックスアフィリエイト)
  5. afb(アフィビー)
  6. Banner Bridge(バナーブリッジ)
  7. Rentracks(レントラックス)
  8. LinkShare(リンクシェア)
  9. xmax(クロスマックス)
  10. felmat(フェルマ)
  11. AFro(アフロ)
  12. Challenging Japan  (チャレンジング・ジャパン)

◆自動広告・物販広告

  1. Google Adsense(グーグル・アドセンス)
  2. 楽天アフィリエイト
  3. Amazonアソシエイト

◆ゲーム

  1. GAME FEAT(ゲームフィート)
  2. seed app(シードアップ)
  3. Smart- C(スマート・シー)

色々なASP広告がありますが、一番人気が高いのがA8.net(エーハチネット)というアフィリエイトサービスです。

業界No.1で、広告の数が最大というのが魅力!多くのアフィリエイターが使用しています。

そのため、初めてアフィリエイトブログで収入を得ようとするなら、A8ネットが最もおすすめです。

広告表示例

Luxeritas(ルクセリタス)の記事上に、広告を貼った例をお見せします。

画像広告

記事の途中に、「国内シェアNo.1レンタルサーバー[X2]」の画像広告が表示されています。

文字リンク広告

こちらは、「エックスサーバー」の文字部分に「リンク広告」が埋め込まれています。

広告を貼る方法「直接」

文字リンク広告の入れ方

A8ネットで、「文字リンク広告」を入れる場合は、A8の広告作成のページで、「素材をコピーする」をクリックすれば、コピーすることができます。

コピーしたら、記事内に貼り付けると、そのまま文字が表示されます。

画像広告の貼り方

広告を貼るには、Wordpressの記事を作成する時に表示される「⊞マーク」をクリックし、「検索画面」で、「カスタム」と入力すれば、「カスタムHTML」が表示されるので、選択します。

入力画面に、下の様なコードを入力すると、記事を公開した時に広告が表示されます。

<a href=”https://px.a8.net■■■■” rel=”nofollow”>

<img border=”0″ width=”300″ height=”250″ alt=”” src=”https://www26.a8.net/svt/bgt?aid=■■■■&wid=001&eno=01&mid=s■■■■&mc=1″></a>

<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www.a8.net/■■■■” alt=””>

どのように表示されるかを確認する場合は、「プレビュー」で確認することができます。


広告を貼る「ショートコード」

先程は、記事に直接「広告のコード」を貼る方法をご紹介しましたが、この方法には欠点があります!

広告の掲載が終了した場合、広告が消えてしまうのです。

せっかく記事を読むユーザーがいても、広告が消えてしまっては意味がありません。

そこでおすすめの方法が「ショートコード」を使ったやり方です。

「ショートコード」は、先に登録をしていれば、[/]のマークから選択して、広告を入れることができます。

この方法のメリットは、広告の一括管理ができるので、掲載中の広告が終了したら、代わりの広告に一括で変更ができるということなんです。

例えば、「サーバー」の広告を、複数の記事に貼っていたとします。

掲載が終了したら、記事の全ての広告の貼り直しが必要になりますが、「ショートコード」を使えば、その必要はありません。

もし、「エックスサーバー」の広告掲載が終了したら、「さくらサーバー」に、記事全て一括で変更することができるのです。


ショートコード作成

「ショートコード」を作成するには、Luxeritas(ルクセリタス)の「管理画面」に移動してください。

Luxeritas」 → 「パターン登録

右側に、「ブロックパターン」「HTML定型文」「ショートコード」と表示されている「ショートコード」をクリックしてください。

新規追加」で、入力画面に映ります。

  • ラベル…12文字以下のコード名
  • ショートコード…ローマ字
  • Contents…広告のコードを貼る

上記を入力し「保存」して、コードの作成が完了しました。

ショートコードを貼る

「ショートコード」の作成が完了したので、次は記事に貼る手順の説明をしていきます。

記事を作成中に文字を入力すると、「装飾バー」が表示されますが、その中の [/] をクリックすると、登録済みの「ショートコード」が出てきます。

選択して、広告の貼り付けできます。

「ショートコード」の広告は、画像文字のどちらも登録が可能!

ブロックボタンからも、「ショートコード」を貼ることは可能です。